法令等遵守基本方針

当社役職員は、以下に掲げる方針を法令等遵守のための基本方針として遵守するものとします。

1.資金需要者等の利益の保護を重視した適正なサービスの提供
貸金業法その他の関連法令、協会が定める自主規制基本規則その他の社内規則を遵守し、
資金需要者等の利益の保護に十分配慮して貸金業に係るサービスを提供し、資金需要者等の満足と信頼を獲得します。
2.公正な取引の実施
公正、透明、自由な競争及び適正な取引を行い、政治、行政との健全かつ正常な関係を維持します。
3.従業員の労働環境の確保
労働関係法令を遵守し、従業員の多様性、人格及び個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保します。
4.コンプライアンス態勢の整備
経営者は、本条に定める基本方針の実現が自らの役割であることを認識し、その内容を社内に周知徹底するとともに、その実践のために必要な社内態勢を整備します。
5.反社会的勢力からの企業防衛
市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは、毅然とした態度で対決する姿勢を貫き、企業価値を守ります。
6.説明責任の実践
資金需要者等に影響を与えるような業務変更等が行われる場合は、予め、情報提供を行うとともに、問合せに対し、十分な対応を行います。
7.コンプライアンスの重視
業績評価や人事考課等においては、収益目標(ノルマ)に偏重することなく、法令等の遵守状況も考慮します。

法令等遵守における行動規範

基本方針を実践するため、以下の行動規範に従います。

1.資金需要者等の利益の保護
イ.法令等を遵守し、資金需要者等の利益の保護に十分に配慮するとともに、資金需要者等のニーズを尊重し、資金需要者等に満足いただけるサービスの提供を行うこと。
ロ.サービスの提供においては、資金需要者等に対し、各サービスに関する情報提供を適切かつ迅速に行うとともに、資金需要者等からの 要望、相談に誠実、迅速かつ的確にお応えすること。
2.従業員の健全な執務環境の確保
イ.個人の基本的人権と多様な価値観、個性、プライバシーを尊重し、人種、宗教、性別、国籍、身体障害、年齢等に関する差別的言動、暴力行為、セクシャルハラスメント、いじめ等の人格を無視する行為を行わないこと。
ロ.自らの責任と権限に基づき業務を遂行する。また、能力向上のために自己研鑽を怠らないこと。
ハ.良識を兼ね備えた、自立した社会人としての責任をもって行動すること。
ニ.創造的、効率的かつ安全で快適な職場環境を実現すること。
ホ.健全な職場環境を維持し、労働災害を防止し、また自らの健康づくりを行うこと。
3.適正な業務の確保
イ.誠意をもって全ての資金需要者等に公正かつ公平に接し、適切な条件で取引を行うこと。
ロ.法令遵守はもとより、健全な商慣行、社会通念に従った営業活動を行うこと。
ハ.第三者に関する情報は正当な方法で入手すること。また、所定の手続を経ないでこれらを他の第三者に開示、漏洩しないこと。

以上

ページトップへ